オープンキャンパスが人気の大阪の美容専門学校

授業見学してみませんか

保育士になるための専門学校の特徴

time 2022/09/09

保育士になるための専門学校の特徴

保育士になるために専門学校を選ぶルートがあります。専門学校の場合、指定を受けている学校は卒業すると資格をもらうことができます。保育士試験を受験する必要がないため、学業に専念していれば資格が取れるというメリットがあります。また、2年間という短いので、働くまでの時間が短いですし、その分学費も少なくて済むこともメリットといえるでしょう。

メリットと同時に、2年間という期間の短さはデメリットも生みます。それは、短い間で勉強をして知識を身に付けていかなければならないことです。つまり、短いとはいってもそれなりに勉強は難しくなります。しかし、濃度が濃い分しっかりと知識として定着していくため、学習効率は返ってよいかもしれません。

もちろん、人によってはゆったりと学習することができた方が覚えが良いケースもありますのでケースバイケースです。ゆったりとした方が良い人は、専門学校にも3年コースのところがあるので、そちらを選択すると良いでしょう。保育士の専門学校は、現場力を鍛えることができます。これは、実際に子供と触れ合う機会を多く用意していることから身に付きます。

併設や提携する保育園での実習が高い頻度で行われますので、本来の目的である保育を、理論ではなく実技によって身に付けられます。これは、働き始めるにあたってはとても役立ちます。就職においてもこの実技に耐え得る能力が評価されて、専門学校卒業生の就職率はそこそこ高くなっていますので、就職にも困ることはないでしょう。

down

コメントする