オープンキャンパスが人気の大阪の美容専門学校

授業見学してみませんか

保育士になるなら専門学校と短大のどちらがいいのか

time 2022/09/03

保育士になるなら専門学校と短大のどちらがいいのか

保育園で勤務する保育士になるためには、保育関連の教育課程がある大学や短大、保育専門学校に通って卒業して資格を取得することが近道です。大学は、ほかの専門学校と短大とは違い四年間は通学しなければならず、学費も一番かかります。そのため、保育以外の学問を学びたい人や進路を保育士に絞っていない方にとってはおすすめですが、保育士になりたい方にとっては、時間や費用がかかりすぎるというデメリットがあります。一般的に保育士志望者の大半が、四年制大学以外の学校を選んでいます。

短大や専門学校は、2年間通学すれば資格を取得できるうえ、費用も大学に比べて半分以下に抑えることができます。資格を取得できる期間の短さが同じであれば、短大と専門学校のどちらを選ぶのがよいのでしょうか。まず、それぞれの違いとしては、短大は保育以外の一般教養も学べるという利点があります。その反面、入学してからしばらくは実践的な授業は少なく、保育の知識を学ぶ講義学習が中心になります。

それに比べると専門学校は、保育士として現場で即戦力になれるように実践的なカリキュラムが組まれている点が最大の違いです。入学してすぐに幼稚園や保育園に実習に行って、現場に即した技術や知識を得ることができます。保育園のお遊戯で必須であるピアノの演奏も講師とマンツーマンで指導してもらえるなどのサポート体制が充実している学校もあります。学校によって教育カリキュラムは違いますので、資料請求して自分が学びたい内容であるかどうかを調べてから進路を決めるのがおすすめです。

大阪のメイク専門学校のことならこちら

down

コメントする