オープンキャンパスが人気の大阪の美容専門学校

授業見学してみませんか

保育士の専門学校の授業

time 2022/07/06

保育士の専門学校の授業

保育士として働くためには、資格を取得して保育士証の交付を受けます。保育士証は、各都道府県知事に対して保育士の登録申請を行うことで交付してもらえます。その後にハローワークや保育関連の人材サイト、福祉人材サイトなどで応募して採用されれば、働くことができます。独学で勉強して試験を受けることで資格を取得する方法もありますが、保育の専門学校や短大に通って資格を得る方法が主流になっています。

社会人や主婦のように昼間は学校に通えない事情の方が資格を取得する場合は、試験を受験することが多いです。学生で進路が保育関連の仕事にある程度絞られている場合は、現場ですぐに役立つ技術や講義内容になっている専門学校が一番最適です。保育の専門学校の授業は、1時限が90分前後で講師の話を聞く座学と自分たちで研究や制作を行う演習に分かれます。また、保育園や幼稚園に実際に赴き、学校の授業で学んだことを実習することもあります。

お遊戯の時間で必要となってくるピアノの練習もあります。地域によって、専門学校の数にはばらつきがあるため自宅から通える距離内にある学校というだけですぐに決めるのは避けた方がよいです。学校によって就職のときのサポート体制が充実していたり、授業内容の特色があるため、自分に合わない学校を選ぶと挫折する恐れがあります。専門学校にかかる費用は、学校や選ぶコースによって違いますが、だいたい160万から250万ぐらいが平均相場になります。

down

コメントする